ET

「Embedded Technology 2014」 キャッツブースへのご来場ありがとうございました。

キャッツは2014年11月19日(水)〜21日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催されました『Embedded Technology 2014 / 組込み総合技術展』に出展いたしました。
今年もキャッツブースに連日たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございます。

今回の出展では、「新世代ZIPCシリーズ」をテーマに、新製品の展示やデモンストレーションを行い、多くの皆さまに関心をお寄せいただきました。

また、期間中に開催されました弊社プレゼンテーションならびにセミナー等につきましても、大勢の皆さまにご聴講いただき、重ねて御礼申し上げます。

キャッツはこれからも皆様からのご支援のもと、“最先端技術”を“現場で使える技術”へと、いち早くご提供するため努力して参ります。
今後とも相変わらぬ皆様のご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。



ET2014 CATSブース
ET2014 CATSブース
ET2014 セミナー風景
ET2014 ET FES
キャッツブースにてご案内した製品の詳細はこちら
・ 状態遷移設計ツール  ZIPC
・ テストシナリオ自動生成ツール  ZIPC Tester
・ パラメータ組み合せテストケース
自動生成ツール  ZIPC FOT
・ トレーサビリティプラットフォーム  ZIPC TERAS
・ リアルタイムシステムモデル検査ツール  UPPAAL
・ マルチドメイン・モデル検査ツール  PAT Pro
・ ニアショアテスティングサービス


「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」に出展します!

2014年11月19日(水)〜21日(金)の3日間、パシフィコ横浜に・ト開催される 『Embedded Technology 2014』 (通称“ET2014”)に出展いたします。ぜひとも、ご来場の程、よろしくお願いいたします。

et2014catsブースイメージet2014catsブースイメージ
ET2014キャッツブースイメージ(外観は変更になる場合があります)

ET 2014 開催概要

名称

Embedded Technology 2014 / 組込み総合技術展

会期

2014年11月19日(水)〜21日(金)
   10:00〜17:00
   (20日(木)は18:00まで)

会場

パシフィコ横浜
展示ホール
キャッツブース No.E-07

詳細

公式サイト
Embedded Technology 2014

キャッツブース位置
キャッツブース位置
↑地図をクリックすると拡大表示されます。

展示の見どころ

状態遷移設計ツール「ZIPC」「ZIPC Designer(参考出展)」

25年の実績を持つ、組込みシステム向けCASEツールの定番。 状態遷移表でのモデルは モレ、ヌケの無い高品質設計を支援し、動作をとらえやすくメンテナンス性が向上します。モデリングの支援ソリューションも豊富にご用意しています。
>> 製品詳細はこちら

テストシナリオ自動生成ツール「ZIPC Tester」

テスト設計用の状態遷移モデルを作成する事で、遷移経路を網羅するテストシナリオが自動生成されます。また、シミュレーションしながらテストシナリオを編集する機能を持つテスト設計支援ツールです。
>>製品詳細はこちら

パラメータ組合せテストケース自動生成ツール「ZIPC FOT」

複雑で多数のパラメータの組み合わせをモデリングし、そのモデルに基づき、テストケースを自動生成するツールです。
このツールで自動生成されたテストケースは少ない数で、かつ、欠陥検出率が高いという特長を持ちます。
>> 製品詳細はこちら

トレーサビリティプラットフォーム「ZIPC TERAS」

システム開発で作成される成果物・ドキュメント間のトレーサビリティ(追跡可能性)を管理・支援するツールです。変更・追加の影響範囲を瞬時に把握できるので規格はもちろん、デグレード防止、見積根拠にも役立ちます
>> 製品詳細はこちら

リアルタイムシステムモデル検査ツール「UPPAAL」

タイムドオートマトンによって記述されたモデルを検査することで、通常は実装後でないと確認が難しいリアルタイムシステムの不具合を設計の段階で可能な限り排除できます。
>> 製品詳細はこちら

CSPベースのマルチドメイン・モデル検査ツール「PAT Pro」

複雑になりがちな並行プロセスの設計をCSPで記述されたモデルのシミュレーション・検査機能を利用して検討する事で、安全で見通しの良い並列設計が実現可能です。
>> 製品詳細はこちら

ニアショアテスティングサービス

キャッツ沖縄テスティングセンタ(COTC:CATS Okinawa Testing Center)は、沖縄IT津梁パークを事業拠点に、ニアショアならではのコストメリットと、キャッツの高い技術力を融合させて高品質なニアショアサービスを提供します。お気軽に相談ください。
>> サービス詳細はこちら

セミナのご案内

JASA技術本部セミナー(無料/事前登録制)

※事前申込が必要です。 お申込みはET2014Webへ →  https://ics-event.smktg.jp/public/application/add/187?lang=ja

日時

2014年11月19日 (水) 15:30〜16:00

場所

アネックスホール2F[F206]

番号/テーマ

JG-4
「リバースモデリングにおける状態遷移表の適用に対する取り組み」

講演内容

JASA状態遷移設計研究会は、状態遷移表の普及と再利用促進のため、標準的な記法の整理や、SPLE実践ガイドの策定を行い、公開してきた。 2013年度からは、「状態遷移表のリバースモデリングへの適用」をテーマとして取り組んでいる。 現在のソフト開発では、レガシーコードが複雑化・肥大化し、保守性や拡張性が著しく損なわれてきていることが問題となっている。 この解消のため、レガシーコードから状態遷移表へリバースモデリングを行う手法を研究している。 プロセスの原理と検証成果、今後の活動について紹介する。

講師

竹田 彰彦
JASA状態遷移設計研究会/キャッツ株式会社 システム事業本部 副本部長 

設計・検証ツール トラック (無料/事前登録制)

※事前申込が必要です。 お申込みはET2014Webへ →  https://ics-event.smktg.jp/public/application/add/187?lang=ja

日時

2014年11月21日(金) 14:30-15:15

場所

展示会場場内カンファレンス[B会場]

番号/テーマ

DVT-17
ツールソリューションによる品質向上/コストダウンのススメ

講演内容

リソースは減り、仕事は増える一方。でも、品質は維持しなければならない。この状況に対しキャッツでは、 ツール活用による「業務の自動化」で効率化を支援。20年・超えるツールベンダーの経験と・ィから適切に自動化の「芽」を 見つけ、既存ツールやカスタムツールを組み合わせた改善プランを提案する。内容はドキュメンテーション、設計、テストから 管理まで様々なソリューション。を紹介する

講師

吉川 龍虎
キャッツ株式会社 プロダクト事業本部 第1営業グループ 営業マネージャー

ワークショップ(無料/事前登録不要)
日時

2014年11月20日 (木) 15:00〜15:45

場所

展示会場内 ワークショップ特設会場

番号/テーマ

「機能安全だけじゃないトレーサビリティツール活用術」

講演内容

ZIPC TERASは、システム開発で作成される成果物(ファイル)間のトレーサビリティを管理します。どのようにツールを活用すれば効果的なトレーサビリティ管理が出来るか、デモを交えてご紹介します。

講師

宮本 貴之
キャッツ株式会社 プロダクト事業本部 第3技術グループ グループマネージャー

ワークショップ(無料/事前登録不要)
日時

2014年11月21日 (金) 16:00〜16:45

場所

展示会場内 ・潤[クショップ特設会場

番号/テーマ

「組込み開発におけるHTML5の現状と活用方法」

講演内容

組込開発に使われるHTML5技術とは。
その現状と課題を確認し、HTML5時代のZIPCをご紹介しながら具体的な活用 方法について解説します。

講師

坂本 伸
キャッツ株式会社 プロダクト事業本部 第3技術グループ マネージャー

これまでのET出展一覧

↑ページTOPへ