ET

「Embedded Technology 2016」 キャッツブースへのご来場
ありがとうございました。

キャッツは2016年11月16日(水)〜18日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催されました『Embedded Technology 2016 / 組込み総合技術展』に出展いたしました。
今年もキャッツブースに連日たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございます。

今回の出展では、“Let's get better MBD!!”をテーマに、トレーサビリティ管理、HMIアプリ開発支援、自動運転時代に向けた最新AI技術研究、等のデモンストレーションやニアショア検証・開発サービス・ODM事業のご紹介を行い、今求められる開発支援ツールについて、多くの皆さまに関心をお寄せいただきました。



CATSブース

大勢の来場者様

ブースプレゼン

また、期間中に開催されました弊社ブースプレゼンテーションならびにワークショップ等につきましても、大勢の皆さまにご聴講いただき、重ねて御礼申し上げます。



JASAパビリオン展示

SCSK社様ブースにて

ワークショップ

キャッツはこれからも皆様からのご支援のもと、“最先端技術”を“現場で使える技術”へと、いち早くご提供するため努力して参ります。
今後とも相変わらぬ皆様のご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


ET2016にてご紹介したツールの無料セミナはこちら↓

課題解決のヒント! 開発支援ツールを体験できる!CATSセミナ(無料) 

資料請求、ご相談等のお問合せはこちら→info@zipc.com

「Embedded Technology 2016/組込み総合技術展」に出展します!

2016年11月16日(水)〜18日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催される 『Embedded Technology 2016』 (通称“ET2016”)に出展いたします。ぜひとも、ご来場の程、よろしくお願いいたします。

今回の出展では、「MBDの検証」「高度HMI開発」「トレーサビリティ管理」などを デモンストレーション、ワークショップ・ブース内プレゼンを交えてご紹介いたします。

ぜひ、みなさまお誘い合わせの上、CATSブースへご来場くださいませ。


et2016catsブースイメージ
2016年のCATSブースイメージ(イメージは変更になる場合があります)

ET 2016 開催概要


名称

Embedded Technology 2016 / 組込み総合技術展

会期

2016年11月16日(水)〜18日(金)
   10:00〜17:00
   (17日(木)は18:00までオープン)

会場

パシフィコ横浜
展示ホール
・キャッツブース No.B-10
・JASA特設パビリオン内
 キャッツブースNo.D-15-14

詳細

公式サイト
Embedded Technology 2016

キャッツブース位置「B-10」
キャッツブース位置
↑地図をクリックすると拡大表示されます。

<主な展示内容>

e-コックピット時代のHMI開発環境「ZIPC Designer」

自動車業界における自動運転やIVI等の技術発展にともなって高度なHMIが求められています。 ZIPC Designerは様々なオーサリングツールとの連携によって意匠デザインと振舞い、画面遷移の制御を同時に開発が可能となり、実装前に動作確認(Simulation)することで不具合や仕様変更による手戻りを大幅に削減し高品質なHMIを実現できます。

トレーサビリティプラットフォーム「ZIPC TERAS」

システム開発で作成される成果物・ドキュメント間のトレーサビリティ(追跡可能性)を管理・支援するツールです。変更・追加の影響範囲を瞬時に把握できるので規格はもちろん、デグレード防止、見積根拠にも役立ちます。


ルールベースAIエンジン「ZIPC R&B」

CATSでは、ルールベースAIエンジン「ZIPC R&B」を研究開発しています。 展示では自動車運転手に雪道での危険予知をルール化したデモをご覧いただけます。

CATS沖縄センタのニアショア・テスティングサービス

モバイルテスト、組込みソフトウェアテストの実績が豊富です。 また、CATSのツールを活用して、より高品質なテストを実施することができます。まずはご相談ください。

セミナのご案内

ワークショップ(無料/当日先着順)
日時

2015年11月18日 (金) 15:00〜15:45

場所

展示会場内 ワークショップ特設会場

番号/テーマ

  「MBD検証工程への提案 〜カバレッジ以外の有効なテストシナリオと結果妥当」

講演内容

ZIPC Automotive Packageは、MBD検証を効率化するツール群です。   Stateflowの静的検証支援機能、Simulinkのテストを効率化するテスト設計支援機能をご紹介します。

講師

田村 政和
キャッツ株式会社
プロダクト事業本部 第3技術グループ グループマネージャー

ブース内プレゼンテーション
開催日

2016年11月16日(水)〜18日(金) 各テーマ1日2回開催

場所

展示会場内 キャッツブース

テーマ@

「既存資産を活用したトレーサビリティ支援ツールのご紹介」ZIPC TERAS

時間

@10:30〜 A14:10〜

テーマA

「MBD検証工程を効率化するツールのご紹介」ZIPC Tester V3(ZAP)

時間

@11:00〜 A14:30〜

テーマB

「高度HMI開発支援」ZIPC Designer(e-コクピット)

時間

@11:30〜 A15:00〜

テーマC

「ルールベースAI」ZIPC R&B(研究開発)

時間

@12:00〜 A15:30〜

テーマD

「沖縄で実現 高品質・低コストなニアショアテスティングサービスのご紹介」COC

時間

@13:00〜 A16:00〜

テーマE

「CATSの開発支援ツールとソリューションサービスのご紹介」

時間

@13:30〜 A16:30〜

テーマF

「システム事業本部紹介」

時間

@13:40〜 A16:40〜

※ブースプレゼンのテーマ、内容は変更になる場合があります。



ETFest

これまでのET出展一覧

↑ページTOPへ