1. ホーム
  2. ニュース/お知らせ
  3. 2017年
  4. 展示会出展のお知らせ:第10回オートモーティブワールド

2017年

2017/12/11
キャッツは2018年1月17日(水)〜19日(金)東京ビッグサイトで開催される
第10回オートモーティブワールドに出展いたします。

今回キャッツは、自動車業界での重要テーマである自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー等を実現させるのに必要となる『“MBD”を支援するツールとソリューション』をテーマに出展します。
本出展では、MBD検証を強力に支援するツールを始め、機能安全に必須となるトレーサビリティ支援ツール高度なHMI開発の品質・生産性向上を支援するツールのデモ展示や、自動運転技術の一つとして注目されているAI・人工知能のルールベースを使用した自動運転シミュレーションを体感することができます。
また、CATS沖縄センタでのニアショア開発・検証ソリューション活用のご紹介もしております。
ぜひ弊社ブースへお立ち寄りください。

出展概要

  • 会期:2018年1月17日(水)〜19日(金)10:00〜18:00 (最終日のみ17時まで)
  • 会場: 東京ビッグサイト 
  • 主催: リード エグジビション ジャパン 株式会社  
  • 入場料: 招待券申し込み(無料)(※外部サイト)招待券をお待ちでない場合、入場料5,000円/人
  • キャッツブースNo.E-51-35

キャッツブース位置
↑地図をクリックすると拡大表示されます。

アポイント申し込み(外部サイト)

下記のリンク(外部サイト:オートモーティブワールド公式サイト)より、 展示会場でのアポイントをお取りいただけます。

アポイント申し込み

主な出展内容
トレーサビリティ
管理ツール
『ZIPC TERAS』
機能安全規格はもちろん、派生開発の影響範囲分析にも絶大な効果を発揮するトレーサビリティツールプラットフォームをご紹介します。
HMI画面遷移・制御に
最適なMBD支援ツール
『ZIPC Designer』

HMIの画面遷移、制御に最適な状態モデリング、シミュレーションを可能にするMBD支援ツール。主要なオーサリングツールと連携でき、HMIの仕様確定、ラピッドプロトタイピングを強力にサポートします。
ブラックボックステストを
対象としたシナリオベース
のMBDテスト支援ツール

NEW!『ZIPC Tester』
IN/OUTの組合せテストケース、状態モデルからのテストパタン生成等を自動化することでテスト設計工数を大幅に削減します。
エッジインテリジェンスの
ためのルールベース
プラットフォーム

NEW!『ZIPC R&B』
膨大な情報の中から各条件(ルール)に合致したか否かを高速に判定して処理する ことができるルールベースエンジンとそのルールをディシジョンテーブル(DT)エディタを使って設計することができる開発環境です。C言語をサポートし、様々な組込環境 へのポーティングが可能です。省メモリ組込環境でも高速に動作します。 本技術を使用した自動運転シミュレーションをぜひ、ブースで体感してください。
キャッツ沖縄センタ
(COC)が提供する
『ニアショア検証・
開発サービス』
COCのニアショアテスティングサービスは、 品質を担保する開発・検証ノウハウ、 テストを効率化するツール技術、 リソース・環境が融合したサービスです。

↑ページTOPへ