ZIPCファミリー

Challenge to embedded software development problem

ZIPC Designer

e-コックピット時代の
高度なHMIの振舞い設計を支援

ZIPC Designerは、様々なオーサリングツールと連携することで、グラフィックデザインと振舞い設計を並行して行えて、高度なHMI環境を実現できます。
早期にグラフィックの振舞いを定義、確認できる「動く仕様書」で、開発の手戻りが少なくなり、品質、生産性を向上させます。

背景・課題

車載システム開発では、先進安全機能や自動運転、コネクティッド・カー、IVI等の新しい装置、機能が開発・普及するにつれて高度なHMIが求められています。しかし企画段階でグラフィックデザイナーが作成した美しく機能的なHMIもソフトウェア開発段階でより複雑な制御が必要となり、振舞いの仕様確定の遅延や、せっかくのグラフィックに制限が出たり、実装後の手戻りが多く発生し、コストや納期を圧迫する場面が多くなっています。

解決策

ZIPC Designerは様々なオーサリングツールとの連携で高度なHMI開発環境を実現します。

  • グラフィックデザインと実装開発を並行で進められ、リッチな画面を実現できます。
  • 動く仕様書で明確な振舞いを早期に定義、確定できます。
  • 振舞いのモデルからソースコードを生成し手戻りが減ります。
  • 状態遷移/画面遷移モデル、決定表で複雑な制御も可能です。

ZIPC Designerの特長

様々なオーサリングツールとの連携

オーサリングツールとの連携で振舞いのシミュレーションが可能です。そのシミュレーション環境を「動く仕様書」とすることで、頻繁な仕様変更に対しても早期にレビューし、確定させることが可能です。

状態遷移表、画面遷移表

状態遷移表で設計することで、事象と状態(画面)の組合せのモレ抜けを防止します。状態のセルには画面のサムネイルを表示できるので、イメージが付きやすく、レビューの効率化にもなります。

決定表

ISO準拠の決定表エディタを備えており、複雑な条件を直感的、効率的に設計できます。

動作環境

OS Windows10
メモリ 8GB以上
CPU CPU core i5以上
SSD

ZIPC Designer 状態(画面)遷移設計

状態(画面)遷移設計

ZIPC Designer 決定表

決定表

ZIPC Designer 様々なオーサリングツールとの連携

ZIPC Designer 様々なオーサリングツールとの連携

様々なオーサリングツールとの連携

Challenge to embedded software development problem

ZIPC Designer Automotive Option

Stateflowモデル設計の品質向上を
状態遷移表で支援する
Automotiove Option

Designer Automotive Optionは、MATLAB Stateflowでモデリングした状態モデルを、ZIPC Designerの状態遷移表(STM)や決定表(DT)にコンバートして、設計のモレ抜けや遷移条件の優先度設計の確認を効率化するOption機能です。

背景・課題

車載システム開発では、MATLAB/Simulinkによるモデルベース開発(MBD)が急速に普及しています。MBDを導入することで、システム制御の可視化や早期シミュレーションによって開発が効率化します。しかし、Simulink/Stateflowは設計の自由度が高いためモデル設計が担当者依存の場合が多く、設計の良し悪しが担当者の能力に依存してしまいます。

解決策

  • Stateflowの状態図、グラフィカル関数をZIPC Designerの状態遷移表、決定表にコンバートすることで遷移条件と状態の記述モレを発見しやすくなります。
  • コンバート時に遷移条件の一貫性等のチェック機能があり凡ミスを防止します。

ZIPC Designer Automotiove Optionの特長

遷移条件と状態の漏れ抜けをチェック

STM変換で遷移条件と状態の組合せを確認できます。

Stateflowの設計ミスをチェック

STM変換で遷移条件の優先度設計を確認できます。

構造化した遷移条件の組合せをチェック

遷移条件をグラフィカル関数で表現したStateflowをSTMとDTへ変換します。遷移条件をDTへ変換することで組合せを確認できます。

動作環境

OS Windows10
メモリ 8GB以上
CPU CPU core i5以上
SSD

ZIPC Designer Automotive Option Automotive Optionの機能

Automotive Optionの機能

ZIPC Designer Automotive Option Stateflow⇒STMの特長

Stateflow⇒STMの特長


Challenge to embedded software development problem

ZIPCファミリー

キャッツの開発支援ツールは、品質、信頼性を重視する電力制御のソフトウェア開発で自ら生み出したZIPCをはじめとして、
日本の組込みソフトウェア開発の現場から生まれました。
ツールのベースとなっている拡張階層化状態遷移表設計手法(EHSTM)を持っていることも支持されている理由のひとつです。

Challenge to embedded software development problem

ZIPCツールチェーン

ZIPCツールチェーン
イベント情報 採用情報
ZIPCセミナーZIPCセミナーZIPCセミナーFAQ
CATS