ZIPCファミリー

Challenge to embedded software development problem

ZIPC FOT

システムへの入力やパラメータの組合せ作成を
簡単にするテストケース生成ツール

ZIPC FOTは、Classification Tree Method(CTM)のエディタを備え、パラメータの組み合わせをモデル化できテスト設計が可視化され効率のよいレビューが行えます。CTMからN-Wise網羅度のブラックボックステストのテストケースを自動生成し戦略的かつ網羅的なテストケース作成を効率化します。

背景・課題

ソフトウェアの大規模化、複雑化はシステムの品質確保を難しくし、テストにかかる工数を一層膨大にします。
また、テスト設計が担当者に依存してしまい、過去の資産に対してテストケースを追加していく方法では、テストケースが増える一方です。そのため、テスト設計の担当者依存を軽減しつつ、テスト品質を担保する方法が必要です。

解決策

ZIPC FOTは、ツリーモデルでテスト設計することによりパラメータの組合せテストケース作成を支援します。

  • テストケースを可視化して、レビューの効率を向上させます。
  • N-Wise網羅度のテストケースを自動生成して、テストケースの品質の担保と作業効率を改善します。
  • テスト設計の担当者依存を軽減し、テスト品質を向上させます。

ZIPC FOTの特長

使いやすいCTMエディタ

システムに対するパラメータとパラメータ値をCTMで設計するための専用エディタを搭載しており、設計しやすくレビューが容易です。

テスト制約記述でテストケースを効率よく出力

テスト設計で考慮すべきテスト制約を記述でき、無駄なテストケース生成を防げます。エラー確認用、無効値を含むテスト設計もできます。

N-Wise網羅のテストケース生成

テスト戦略に合わせた網羅度のテストケースを自動生成します。全網羅するテストケースからテストケースを絞り込む際も網羅度の基準に従った絞り込みが容易です。

テスト仕様書生成

生成したテストケースをテスト仕様書としてExcelに出力し、テスト仕様書工数を削減します。

動作環境

OS Microsoft Windows 7
メモリ 2GB以上
ディスク容量 550MB以上の空き容量
アプリケーション ・Java Runtime Environment(JRE) 1.7 以上
・Microsoft Excel 2010以上
・PICT

ZIPC FOT

ZIPC FOT

ZIPC FOT


Challenge to embedded software development problem

ZIPCファミリー

キャッツの開発支援ツールは、品質、信頼性を重視する電力制御のソフトウェア開発で自ら生み出したZIPCをはじめとして、
日本の組込みソフトウェア開発の現場から生まれました。
ツールのベースとなっている拡張階層化状態遷移表設計手法(EHSTM)を持っていることも支持されている理由のひとつです。

Challenge to embedded software development problem

ZIPCツールチェーン

ZIPCツールチェーン
イベント情報 採用情報
ZIPCセミナーZIPCセミナーZIPCセミナーFAQ
CATS