ZIPCファミリー

Challenge to embedded software development problem

ZIPC Tester

MBDのテスト設計、テスト結果自動判定、
テスト管理を強力に支援するテストケース設計ツール

ZIPC Testerは、制御システム開発の種類であるMBD(Model Base Development)におけるシナリオベースのモデル検証を効率化するツールです。
従来からの強みであるテスト対象を状態遷移モデルで設計し、テストパターンを生成する機能に加えて、Simulinkのテスト入力波形を効率的に設計する機能や、テスト結果の自動判定機能、テスト管理機能によりモデル検証担当者への依存や負担を軽減して効率的なモデル検証を支援します。

背景・課題

制御システム開発は、モデルベース開発(MBD)などが導入されて開発効率が向上していますが、モデル検証ではカバレッジテストが中心で、それだけでは発見しづらい不具合が潜在している可能性があり、開発者が確認したい検証(シナリオベーステスト)を実施する必要があります。現状ではテスト設計を担当者に依存することが多く、テスト設計が体系化されたいないため品質にばらつきがあったり、システムが大きくなりテスト項目数が膨大で、テストレビューや結果確認に多くの工数が費やされています。

解決策

ZIPC Testerは、シナリオベースのテスト設計を効率的に支援します。

  • simulinkモデルからシナリオのひな型生成が行え、テスト入力波形を効率的に設定できるエディタがあります。
  • 入力値が複数の場合でもツールが組合せを展開してくれます。
  • 状態遷移表に多彩な条件を与え、テストケースを生成できます。
  • テスト結果と期待値の比較を、自動判定機能で効率化できます。

ZIPC Testerの特長

タイミング設計に特化した専用エディタ搭載

Simulinkモデルのテスト入力波形(シナリオ)や期待値を効率的に設計し、テストシナリオの雛型を作成します。

網羅的なテストパターンを生成

テスト対象を状態遷移モデルで設計し、テスト対象に対して網羅的なテストパターンを生成し、テストパターンをテストシナリオの雛型に変換します。また、そのひな形から状態遷移モデルへのリバースで、テスト入力波形の網羅度を状態遷移モデルレベルで確認できます。

テストケースを様々な形式で出力

Excel、CSV、TSVなどのフォーマットへのインポート/エクスポートできるのでテストデータの多様な活用が可能です。

専用ビューア

入力値、期待値、テスト結果を波形で見ることができるので波形の比較、確認の工数を削減します。

テスト結果自動判定

テスト結果と期待値の比較を自動判定機能で効率化でき、テスト管理機能により、テスト資材やテスト結果を一元管理できます。

動作環境

項目 推奨環境
OS Windows7/8.1/10
メモリ 4GB以上
MATLABバージョン 2010b、2011b、2015a
ブラウザ Internet Explorer11、Chrome

ZIPC Tester

ZIPC Tester


Challenge to embedded software development problem

ZIPCファミリー

キャッツの開発支援ツールは、品質、信頼性を重視する電力制御のソフトウェア開発で自ら生み出したZIPCをはじめとして、
日本の組込みソフトウェア開発の現場から生まれました。
ツールのベースとなっている拡張階層化状態遷移表設計手法(EHSTM)を持っていることも支持されている理由のひとつです。

Challenge to embedded software development problem

ZIPCツールチェーン

ZIPCツールチェーン
イベント情報 採用情報
ZIPCセミナーZIPCセミナーZIPCセミナーFAQ
CATS