採用情報

先輩社員の声

第3技術グループ

齋藤 直子

(2015年入社)

AIから愛を届ける仕事へ

暖かい社風と技術力の高い先輩方にあこがれて

AI(人工知能)の研究に没頭していた学生時代から、ユーザの抱える問題をアシストするソフト開発を志し、キャッツ社員へ。キャッツには、技術への愛にあふれユーザビリティを追求し続ける先輩がたくさん居ました。現在はWebアプリケーションやJava開発環境の業務に携わり、先輩方のサポートを頂きながら日々奮闘しています。

第3技術グループ
工学博士

矢竹 健朗

(2015年入社)

研究者として得たノウハウを顧客へ

大学で得た技術を社会へ展開する

以前は大学にて組込みシステム開発の教育や形式検証の研究を行っていました。大学では様々な技術の習得を行うことができましたが、実社会で使わなければ意味がないと思い、キャッツに入社。現在、早速モデル検査のスキルを生かして大規模なシステムの検証を行っています。

CAL
チーフエンジニア

坂本 伸

(2007年入社)

社会に貢献するツールをグローバルへ

すべての方に創るよろこびを

自動車設計関連ツール、テスト支援ツール、トレーサビリティ管理ツール、エンタープライズ系の開発自動化ツール、仮想サーバー管理ツールなど、主に自社製品の開発を経て、現在は状態遷移設計ツールの開発・普及、オフショア開発の推進に取り組んでいます。いかにチームで協力してプロダクトをつくりあげ、ソフトウェア開発現場に貢献できるかが日々のモチベーションです。

第2技術グループ
マネージャー兼アーキテクト

上原 健一

(2007年入社)

顧客の声を創造し実現する

幅広い技術と知識を持つ頼れるアーキテクトである

キャッツに入社してから自動車設計関連ツールやソースコード解析ツール開発を経て、現在はソフトウェア開発における成果物のトレーサビリティを管理するツールの開発に携わっています。お客様の要望を実現するために、限られたリソースをどのように活用すれば最大限のパフォーマンスを得られるかを考えるところが仕事の面白さだと感じています。

第2技術グループ
グループマネージャー

宮本 貴之

(2008年入社)

エンジニアの立場を超えた新しい事業の創造

年間数億円の案件を扱う責任と醍醐味

エンタープライズ系のシステム開発を経験し、キャッツに入社後、定量的プロジェクト管理ツールやトレーサビリティ管理ツール等の管理系ツール、エンタープライズ系の開発自動化ツールの開発やマネジメントを行いながら、様々な新しい事業の創造に携わっています。事業を創り上げる中で、今まで会えなかったような方々に出会い、新しい発見や刺激をもらいながら会社の成長に繋げています。

第3技術グループ
グループマネージャー

田村 政和

(2005年入社)

挑戦をしなければビジネスは作れない

個の強い集団から大きなパワーが生まれる

入社後、自動車業界向けのソリューションチームに配属され、車載システム開発のノウハウを習得しつつ、新しいビジネスの立ち上げなど多くの事業に携わっています。現在は、モデルベース開発・形式手法・AI等の先端技術をお客様へ提案し、より良い開発スタイルの構築を目指しています。

キャッツ株式会社

キャッツ株式会社

イベント情報 採用情報
イベント情報採用情報
CATS