1. ホーム
  2. セミナ
セミナ
課題解決のヒント! 開発支援ツールを体験できる!

AIST(産業技術総合研究所)/CATS合同セミナ(無料)

セミナ
番号
セミナ名
(紹介ツール)
概要
AC-1 機能安全
(ZIPC、ZIPC TERAS)
機能安全の概念、リスクの決定法、安全整合性水準(SIL)について解説します。
AC-2 テスト設計
(ZIPC Tester / ZIPC FOT)
ソフトウェアの品質確保や増大するテスト工数、安全規格対応など、ソフトウェアビジネスや開発現場においてより良いテスト技術の需要が高まっている。
Pairwise法は少ないテストでより多くの不具合を見つけることができる効果的なテスト技術である。本技術は長い歴史を持つ伝統的なテスト技術であるが、産業からのテスト技術への高まる需要を受け、Pairwise法が今再び注目されており、それに伴い実用化に向けた急速な発展を遂げている。
本セミナではPairwise法の歴史を振り返り、同技術の最近の実用化研究を紹介しつつ、産総研が開発中のPairwise法を現代的な形で拡張したテスト技術FOTを紹介する。

CATSセミナ(無料)

セミナ
番号
セミナ名
(紹介ツール)
概要
CZ-1
受付中
状態遷移表設計ツール紹介セミナ
(ZIPC V10)
状態遷移表設計の概念、基礎を学んでいただきます。
(※ZIPC V10を使った体験あり)
CZ-2
受付中
テスト設計支援ツール紹介セミナ
(ZIPC Tester / ZIPC FOT)
状態遷移によるテスト設計とPairwise法によるテスト設計を学んでいただきます。
(※ZIPC Tester / ZIPC FOTを使った体験あり)
CZ-3
受付中
トレーサビリティツール紹介セミナ
(ZIPC TERAS)
すべてのドキュメント(成果物)間でのトレーサビリティを確保する運用の概要を学んでいただきます。
(※ZIPC TERASを使った体験あり)
CZ-4 業務ノウハウ見える化 業務改善に必要な情報を効率的に作成するために、ツールを適用したビッグデータ解析方法をご紹介します。
CZ-5 上流ドキュメントから状態遷移設計、テスト設計へ
(USDM手法、状態遷移表)
USDM(Universal Specification Describing Manner)の基礎を解説します。
USDMからZIPC状態遷移設計、ZIPC Testerテスト用状態遷移設計へのつなぎ方を解説します。
CZ-6 形式手法を用いた検査手法入門 PAT Pro、UPPAALといったモデル検査ツールの紹介と形式手法、モデル検査などを説明します

※日程、内容、会場が予告なく変更されることがございます。

↑ページTOPへ