MBDソリューション

CATS Solution

MBDソリューション

MBDソリューション

CATS Solution

CATSのツール×ソリューション

CATSのツール×ソリューション

CATS Solution

CATSのコンサルティングサービス

CATSのコンサルティングサービス

キャッツのコンサルテーションは、これまでに車載ソフトウェア開発を中心とした多くの先行調査・先行開発に携わった経験を活かした “実践型コンサル” です。お客様と対話しながら技術戦略を策定し、技術要素、開発技術、管理技術にわたり、ご提案、ご支援いたします。

CATS Solution

ソリューション・コンサルティングサービス例

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

トレーサビリティを考慮した開発プロセスの構築・ドキュメント整備から環境構築などトレーサビリティ管理に関する問題解決を支援します。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)
ツール環境構築コンサルティング

多品種向けソフトウェア開発の開発効率・品質の向上にぴったりのツール環境構築やプロセス定義のお手伝いをいたします。

上流ドキュメント改善・作成支援サービス

抜け漏れのない要求仕様定義から、国際標準規格に準拠したドキュメンテーションまでサポートします。

組込みシステム技術者向け
教育支援サービス

組込みスキル標準(ETSS)の「教育ガイドライン」を基本に実際の開発に役立つスキル習得を目指します。

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

トレーサビリティ管理できていますか?

Cトレーサビリティを確保することで、機能安全のような国際標準規格等に対応するだけでなく、システム開発の品質・コスト・納期(QCD)を管理する上でも効果が発揮されます。特に、オフショア開発時や保守フェーズにおいてはトレーサビリティがより重要になります。本サービスでは、トレーサビリティを考慮した開発プロセスの構築・ドキュメント整備から環境構築などトレーサビリティ管理に関する問題解決を支援します。

こんな状況はありませんか?

  • 知見が担当者に依存していて、担当者がいないと分からないことが多い
  • 要件がヌケモレなく実装・試験できているかの検証が困難
  • 変更要求、不具合が発生した際の影響範囲の確認にコストが掛かる

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

本サービスで期待される効果

トレーサビリティを確保し維持することで、開発プロセスにおける情報のつながりを「見える化」し、その管理を容易にします。

  • 暗黙知を形式知化し、「担当者でないと分からない」ことがなくなる
  • 要件がすべて設計、実装、試験されているかを容易に検証可能
  • 変更要求、不具合に対する影響範囲の分析が容易になり、修正モレがなくなる

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

ZIPC TERAS を活用したトレーサビリティ管理

フリー・オープンツールとの連携

SubversionやTrac/Redmineと連携してトレーサビリティ環境を構築

モデルベース開発+トレーサビリティ管理

モデリングツールと連携し、UMLや状態遷移表などを ZIPC TERAS に取り込みトレーサビリティ管理を実現

ZIPC TERAS ALMソリューション

既存環境を有効活用し、ツールチェーンによるALM・トレーサビリティ環境を実現

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

サービス内容

  • 現地でのQA対応
  • ZIPC TERAS のインストール&環境設定(動作確認まで)
  • 利用者への出張トレーニング・セミナー(現地対応)
  • ZIPC TERAS のルールファイル・フィルタファイルの作成支援
  • 既存資産のトレーサビリティ構築支援
  • 各種ドキュメントの文書テンプレート作成支援
  • ZIPC TERAS の運用に最適なプロセス定義・運用ガイド作成支援
  • 開発プロセス・環境に合わせたZIPC TERAS のカスタマイズ(ツール連携・機能強化 等)

トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

多品種向けソフトウェア開発の開発効率、品質の向上策をお探しですか?
弊社コンサルタントが貴社にぴったりのツール環境構築やプロセス定義のお手伝いをいたします。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)とは

ソフトウェア・プロダクトラインは多品種開発向けのソフトウェア開発手法です。ソフトウェアを部品化し、その再利用により個々の製品を構成することにより、コストと期間を節約します。ソフトウェア・プロダクトラインを適用することで開発効率を向上することができます。

SPL向けのトレーサビリティが必要

ソフトウェア開発において高い品質を得るには、複数の工程から開発されるそれぞれ異なる成果物を、互いに対応づけて管理する必要があります。

ソフトウェア・プロダクトラインでは、それらに加えてさらに、製品毎に変化する要件と共通の要件を区別して管理します。この管理により、成果物間の対応付けカバレッジの確認や、変更時の影響分析が可能になり、高い品質の製品を開発することができます。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

プロセスや組織の整備

ソフトウェア・プロダクトラインにはプロセスや組織の整備が必要です。

ソフトウェア・プロダクトライン開発のためのプロセス例
  • 「コア・アセット開発」プロセスと組織
  • 「プロダクト開発」プロセスと組織
  • 「コア・アセット管理」プロセスと組織
各プロセスで作成される、ソフトウェア・プロダクトライン固有の成果物例
  • フィーチャ・モデル
  • プロダクトライン・アーキテクチャ

これら成果物を適切に管理するためには、ユーザ固有の成果物にあった管理方法が必要です。また、その管理を可能にする文書形式の定義や、開発者向けのガイドラインなどを整備する必要があります。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

導入プロセス

ソフトウェア・プロダクトラインを成功させるには、プロセスや環境の導入を計画的に実施する必要があります。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

プロセス定義から運用まで

SPL活動に貢献する効果的なツール環境の構築には、プロセス定義や導入計画のステージから検討を始める必要があります。弊社は、SPL向けのモデリングツール「ZIPC Feature」の開発や、トレーサビリティ管理ツールプラットフォーム「ZIPC TERAS」開発への参画など、長年にわたるSPL向けソリューション提供の実績があります。

ご紹介:ZIPC Feature

ソフトウェア・プロダクトラインの成功の鍵は、開発計画にあります。 ZIPC Feature は開発計画にとって最も重要な分析である、変動性分析のためのモデリング・ツールです。簡単な操作でフィーチャ・モデルを作成できるZIPC Feature はソフトウェア・プロダクトライン開発を強力に支援します。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

ご紹介:ZIPC TERAS

成果物間の対応付けの確認は項目が非常に多く、手作業では困難な作業になります。ZIPC TERAS が提供する成果物間のトレーサビリティ管理機能により、繰り返し行われるレビューや影響範囲の確認作業を大きく軽減します。また、Microsoft Office をはじめとする各種ツールと連携することで、設計情報の登録も簡単に行えます。ZIPC Feature は ZIPC TERAS と連携し、フィーチャ・モデルのトレーサビリティを提供します。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス

上流ドキュメント改善・作成支援サービス

きちんと要求定義できていますか?

開発の分業化やグローバル化に伴い、ドキュメントの必要性は高まる一方ですが、ドキュメントに起因する問題を多く耳にします。また、製品輸出のために、業界分野ごとの国際標準規格に準拠した開発ドキュメントも求められています。本サービスでは、これらの規格でも必須となる要求定義の工程を改善し、ドキュメントに関する問題解決を支援します。

こんな状況はありませんか?

これまでキャッツがお客様を開発支援している際に、以下のようなご相談がありました。

  • どこまでドキュメントに書けばよいのかわからない
  • 発注先、受注元と誤解が生じている
  • 仕様の抜け漏れが多い
  • 作成者本人以外が理解可能なドキュメントがない

皆様の職場ではいかがでしょうか?ソフトウェア開発のみならず、日本では業務のためのドキュメント作成の教育を受ける機会がなく、どうしても後回しになりがちなのがドキュメンテーションの実情です。

本サービスで期待される効果

本サービスでは、迷わずに適切なドキュメントを作成できるようになること、ドキュメントを介したコミュニケーションミスをなくし、手戻りをなくすことで、開発効率を向上することを目標とします。また、ハイコンテキストな日本文化では明確に伝えられることの少ない「要求」や「理由」を復元していくことで、設計や試験の妥当性の判断基準が明確になる効果もあります。

  • 読み手を特定することで迷わずに文書が作成できます
  • 要求を定義することで仕様の妥当性が判断できるようになりコミュニケーションミスが減少します
  • 抜け漏れなく仕様を定義することで手戻りを最小化します

二次的な効果としては、きちんと要求定義することではじめて、昨今、求められているトレーサビリティが実現できます。要求に基づいて設計(アーキテクチャ)、実装、試験されていることを証明できることで、自信をもって第三者に説明可能になります。

サービスの内容

本サービスは3つの改善活動で構成します。
まず、お客様と一緒に現状の開発ドキュメントを確認し、できている点、改善が必要な点を明確にします。その際、ソフトウェアが「作られる仕組み」を理解して頂きながら進めるため、特にソフトウェアを外注される企業にご好評頂いています。次に、お客様が開発される製品の業界によって、該当する規格書を参照しながら必要なドキュメントを定義します。特に参照規格がない場合には、要求工学の国際標準規格である IEC29148 を利用します。

1.アセスメント

現状のドキュメントを解析し、設計に必要な情報があるか、ミスを起こしやすい書き方をしていないか傾向をつかみます。

2.ドキュメント体系の構築

必要に応じて国際標準規格を参照しながら、ソフトウェア開発の各工程に必要な設計手法とドキュメントを定義します。また、工程を超える際にコミュニケーションミスが起こる仕組みを理解し、それを防ぐ要求仕様書の書き方を学びます。

3.抜け漏れのない要求仕様書の作成

本サービスでは「3つの表」である、「USDM」「要求仕様整理表」「状態遷移表」を使い分けて仕様の抜け漏れを防ぐことが特長です。 USDMでは要求の「論理構成」の観点で、要求仕様整理表では構造や振る舞い、性能要求を表現する「文章構成」の観点で、「状態遷移表」では振る舞いの「状態」観点で抜け漏れを発見し、補います。

USDMによる要求仕様書

USDMによる要求仕様書

要求仕様整理表による網羅性の向上<

要求仕様整理表による網羅性の向上

上流ドキュメント改善サービスの流れ

上流ドキュメント改善サービスはお客様の状況に合わせて計画を立てますが、代表的な流れは次のようになります。まず、お客様の現状を把握した上で、セミナー・トレーニングを行います。次に、基本を理解した上で、適宜、実際の業務テーマで実践し、スキルとして定着するように支援を進めていきます。まずは、お客様が直面している課題についてご相談ください。

上流ドキュメント改善・作成支援サービス

組込みシステム技術者向け教育支援サービス

  • 上流工程を重視した開発手法の習得に力点を置きます。
  • ETSS「教育ガイドライン」を基本に、キャッツの教育ノウハウを盛込みます。
  • 知識の詰込みではなく、演習を中心として実際の開発に役立つスキル習得を目指します。

組込みシステム技術者向け教育支援サービス

イベント情報 採用情報
イベント情報採用情報
CATS