1. ホーム
  2. ソリューション
  3. ソフトウェアプロダクトライン(SPL)ツール環境構築コンサルティングサービス
製品情報

多品種向けソフトウェア開発の開発効率、品質の向上策をお探しですか?
弊社コンサルタントが貴社にぴったりのツール環境構築やプロセス定義のお手伝いをいたします。

ソフトウェアプロダクトライン(SPL)とは

ソフトウェア・プロダクトラインは多品種開発向けのソフトウェア開発手法です。ソフトウェアを部品化し、その再利用により個々の製品を構成することにより、コストと期間を節約します。
ソフトウェア・プロダクトラインを適用することで開発効率を向上することができます。

SPL向けのトレーサビリティが必要

ソフトウェア開発において高い品質を得るには、複数の工程から開発されるそれぞれ異なる成果物を、互いに対応づけて管理する必要があります。

ソフトウェア・プロダクトラインでは、それらに加えてさらに、製品毎に変化する要件と共通の要件を区別して管理します。この管理により、成果物間の対応付けカバレッジの確認や、変更時の影響分析が可能になり、高い品質の製品を開発することができます。

プロセスや組織の整備

ソフトウェア・プロダクトラインにはプロセスや組織の整備が必要です。

ソフトウェア・プロダクトライン開発のためのプロセス例

  • 「コア・アセット開発」プロセスと組織
  • 「プロダクト開発」プロセスと組織
  • 「コア・アセット管理」プロセスと組織

各プロセスで作成される、ソフトウェア・プロダクトライン固有の成果物例

  • フィーチャ・モデル
  • プロダクトライン・アーキテクチャ

これら成果物を適切に管理するためには、ユーザ固有の成果物にあった管理方法が必要です。また、その管理を可能にする文書形式の定義や、開発者向けのガイドラインなどを整備する必要があります。

導入プロセス

ソフトウェア・プロダクトラインを成功させるには、プロセスや環境の導入を計画的に実施する必要があります。

プロセス定義から運用まで

SPL活動に貢献する効果的なツール環境の構築には、プロセス定義や導入計画のステージから検討を始める必要があります。
弊社は、SPL向けのモデリングツール「ZIPC Feature」の開発や、トレーサビリティ管理ツールプラットフォーム「ZIPC TERAS」開発への参画など、長年にわたるSPL向けソリューション提供の実績があります。

● ご紹介:ZIPC Feature

ソフトウェア・プロダクトラインの成功の鍵は、開発計画にあります。
ZIPC Feature は開発計画にとって最も重要な分析である、変動性分析のためのモデリング・ツールです。簡単な操作でフィーチャ・モデルを作成できるZIPC Feature はソフトウェア・プロダクトライン開発を強力に支援します。

● ご紹介:ZIPC TERAS

成果物間の対応付けの確認は項目が非常に多く、手作業では困難な作業になります。
ZIPC TERAS が提供する成果物間のトレーサビリティ管理機能により、繰り返し行われるレビューや影響範囲の確認作業を大きく軽減します。また、Microsoft Office をはじめとする各種ツールと連携することで、設計情報の登録も簡単に行えます。
ZIPC Feature は ZIPC TERAS と連携し、フィーチャ・モデルのトレーサビリティを提供します。


本サービスに関するお問合せはこちら

  • お問合せ(「ソフトウェアプロダクトライン」についてのお問合せである旨お知らせください。)

↑ページTOPへ