1. ホーム
  2. ソリューション
  3. トレーサビリティ管理支援・環境構築サービス
製品情報

トレーサビリティ管理できていますか?

トレーサビリティを確保することで、機能安全のような国際標準規格等に対応するだけでなく、システム開発の品質・コスト・納期(QCD)を管理する上でも効果が発揮されます。特に、オフショア開発時や保守フェーズにおいてはトレーサビリティがより重要になります。

本サービスでは、トレーサビリティを考慮した開発プロセスの構築・ドキュメント整備から環境構築などトレーサビリティ管理に関する問題解決を支援します。

こんな状況はありませんか?

  • 知見が担当者に依存していて、担当者がいないと分からないことが多い
  • 要件がヌケモレなく実装・試験できているかの検証が困難
  • 変更要求、不具合が発生した際の影響範囲の確認にコストが掛かる

本サービスで期待される効果

トレーサビリティを確保し維持することで、開発プロセスにおける情報のつながりを「見える化」し、その管理を容易にします。

  • 暗黙知を形式知化し、「担当者でないと分からない」ことがなくなる
  • 要件がすべて設計、実装、試験されているかを容易に検証可能
  • 変更要求、不具合に対する影響範囲の分析が容易になり、修正モレがなくなる

ZIPC TERAS を活用したトレーサビリティ管理

  • フリー・オープンツールとの連携
    SubversionやTrac/Redmineと連携してトレーサビリティ環境を構築
  • モデルベース開発+トレーサビリティ管理
    モデリングツールと連携し、UMLや状態遷移表などを ZIPC TERAS に取り込みトレーサビリティ管理を実現
  • ZIPC TERAS ALMソリューション
    既存環境を有効活用し、ツールチェーンによるALM・トレーサビリティ環境を実現

サービス内容

  • 現地でのQA対応
  • ZIPC TERAS のインストール&環境設定(動作確認まで)
  • 利用者への出張トレーニング・セミナー(現地対応)
  • ZIPC TERAS のルールファイル・フィルタファイルの作成支援
  • 既存資産のトレーサビリティ構築支援
  • 各種ドキュメントの文書テンプレート作成支援
  • ZIPC TERAS の運用に最適なプロセス定義・運用ガイド作成支援
  • 開発プロセス・環境に合わせたZIPC TERAS のカスタマイズ (ツール連携・機能強化 等)

本サービスに関するお問合せはこちら

  • お問合せ(「トレーサビリティソリューション」についてのお問合せである旨お知らせください。)

↑ページTOPへ