1. ホーム
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 状態遷移表ベースのテストケース生成ツールZIPC Tester を発表
News Release

2013年5月15日

状態遷移表ベースのテストケース生成ツール
ZIPC Tester を発表
〜ユーザの重みづけによるテストの絞り込みでコストを削減〜

キャッツ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:清成 友晴、以下キャッツ)は、新しい状態遷移モデルベースのテストケース生成ツール「ZIPC Tester(ジップシーテスター)」を発表します。近年、開発のグローバル化や分業により、受入れテストの効率化など検証領域の課題について多くの要望がよせられるようになりました。キャッツはこの課題に対して、試験コスト削減と品質確保の両立に貢献する ZIPC Tester をリリースします。当初のリリース形態としてはZIPCサポート契約ユーザを対象に無償提供することで普及促進します。また、ソリューションパートナーと共に、品質確保にかかせないテスト設計支援、効率化にかかせないテスト実施の自動化支援にも取り組みます。

なお、2013年5月22日(水) から 5月24日(金) にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」では、パートナーである日本ナショナルインスツルメンツ株式会社のブースにおいて ZIPC Tester と LabVIEW の連携コンセプトを展示予定です。ZIPC Tester が自動生成したテストケースを基に LabVIEW がハードウェアに制御信号を入出力してテスト実行を自動化します。

【ZIPC Tester リリースの背景】

近年、組込み製品の機能の複雑化に伴い、製品の品質を確保するための試験コストは増大する一方です。また、開発のグローバル化、分業化に伴い、最終的な品質確保のためのテストの重要性が増すばかりで、コスト削減とテストの品質の確保の両立が求められています。一方でテストは未だ人海戦術で行われることが多いのが実情です。

この状況に対してZIPC Tester は、テスト対象の振る舞いを記述した状態遷移表から網羅的なテストシナリオを自動生成します。この際、きめ細かな生成条件が設定可能であり、ユーザのテスト設計による重みづけを反映した、現実に実施可能なテスト数に絞り込むことが可能です。 さらに、既存のテストツールと連携させることで、テストケース作成からテスト実施まで、トータルな自動化によるコスト削減が期待できます。 この連携の第一弾として、日本ナショナルインスツルメンツ社の LabVIEW とのツール連携を予定しています。 ZIPC Tester の特長は以下の通りです。

【ZIPC Tester の特長】

ZIPC Tester は、テスト対象の振る舞いを状態遷移表に作成することから、テストシナリオの生成、テストデータを付与したテストケースの作成、テスト仕様書の作成までサポートします。

  1. 状態遷移表エディタ
    ZIPCゆずりの使いやすいエディタを搭載しています。
  2. 状態遷移シミュレータ
    作成した状態遷移表にイベントを与えて動かして確認し、レビューに活かします。
  3. 多彩な生成パラメーター
    開始状態、終了状態、事象、遷移、およびその回数、最大経路長、生成数の上限を指定してテストシナリオを生成します。また、事前条件、事後条件を「>、>=、<、<=、==、!=、直前、直後」から指定することも可能です。
  4. 派生シナリオの生成
    シミュレーション時に記録したシナリオから人がテストする感覚で「より道」させるシナリオを生成します。
  5. テストシナリオの編集
    生成したテストシナリオは編集し、管理、再利用できます。また、テストデータを付与したテストケースを作成することも可能です。
  6. テスト仕様書の作成
    作成したテストケースはユーザ指定のフォーマットでエクセルファイルに出力可能です。
  7. 状態遷移表のインポートとテストケースのエクスポート
    状態遷移表はZIPC V10や特定形式のエクセルファイルから読み込むことも可能です。また、生成したテストケースをXML形式で出力することも可能です。

【ZIPC Testerの画面】

【エンドースメント】

■電気通信大学 / JST CREST DEOS プロジェクト D-Caseチームリーダー 松野裕 様
「ZIPC Testerの発表を歓迎します。闇雲にテストする時代は終わりました。製品の品質を確保するために、より多くの不具合を早期に発見するための戦略的なテスト設計が必要です。テスト戦略の立案にD-Caseと連携するなど、今後の展開にわくわくしています。」

■日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 代表取締役 池田亮太 様
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(以下NI)は、キャッツ株式会社の「ZIPC Tester」の発表を歓迎いたします。ZIPC Tester はNIのグラフィカルシステム開発プラットフォーム NI LabVIEW と連携することで、テストケースの作成から実行までトータルな自動化が可能となり、テスト効率化によるコスト削減が期待されます。キャッツ社との協力関係により、より付加価値の高い製品、サービスをお客様へ提供していきたいと考えます。

キャッツ株式会社について

キャッツ株式会社は、リアルタイム制御・組み込み系分野において日本最初のCASEツール「ZIPC」をリリースして20年が経過し、組込み製品の品質確保に寄与して参りました。状態遷移設計のデファクトスタンダードツールとして、今後もさらに開発現場で使いやすいツール製品を目指しています。
また、ツールベンダーならではの視点で、カスタムツールによる業務改善、生産性の向上に貢献しております。

■製品やサービスに関するお問合せ先:
キャッツ株式会社 プロダクト事業本部 営業グループ
TEL:045-473-2816
e-Mail:sales@zipc.com
Webからのお問合せフォームはこちら


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

↑ページTOPへ