ZIPCファミリー

Challenge to embedded software development problem

ZIPC GARDEN

自動運転シナリオベース
検証プラットフォーム

ZIPC GARDENは、自動運転ソフトウェアをシナリオベースで検証します。
シナリオを自動生成し、各種シミュレータで精緻かつ効率的な検証を実現する、総合検証環境(プラットフォーム)です。

課題

  • 自動運転システムの品質を担保に膨大な走行試験が必要である。
  • あらゆるシーンを網羅している保証ができない。

対策(実施内容)

  • 合流シーンや事故データのシーンなど観点を絞ったユースケース(シナリオ)に対して、検証を網羅的に実施するシナリオベースアプローチを導入する。
  • 多くのシナリオを並列にバッチ処理できるバーチャルなシミュレーション環境を導入する。

ZIPC GARDENの特長

1.蓄積されたナレッジをシナリオ化するシナリオベースアプローチを導入しています。

「道交法」「ガイドライン」「走行データ」「事故データ」などから重要なシナリオを抽出し、道路標識や動的なパラメーターに対してルールにもとづいたシナリオを自動生成します。

2.自動生成された膨大なシナリオを、ソフトウェアテスト手法やルールモデルを用いて現実に実行可能な数に絞り込みます。

N-wise法を用いて論理的な組み合わせを抽出します。

3.シナリオを、UE4、CarSIM、MATLAB/Simulink等と連携して実行し、高品質なバーチャル環境内でテストを実施します。

高品質な可視画像はもとより、LiDAR機能により点群データも生成し、現実空間での検証工数を削減できます。

ZIPC GARDENの特長

Challenge to embedded software development problem

ZIPCファミリー

キャッツの開発支援ツールは、品質、信頼性を重視する電力制御のソフトウェア開発で自ら生み出したZIPCをはじめとして、
日本の組込みソフトウェア開発の現場から生まれました。
ツールのベースとなっている拡張階層化状態遷移表設計手法(EHSTM)を持っていることも支持されている理由のひとつです。

Challenge to embedded software development problem

ZIPCツールチェーン

ZIPCツールチェーン
イベント情報 採用情報
ZIPCセミナーZIPC WATCHERS早わかりZIPCFAQ
CATS